車 維持費 東京都内

東京都内の車の維持費を検証!

会社の辞令で、突然地方から東京都内へ転勤になる方も多いのではないでしょうか?私も、仙台から東京へ出張を命じられた1人で、現在は都内で仕事をしながら生活をしています。

 

出張をする際に、引っ越しの準備はもちろんのこと、1番悩んだのが所有している車をどうしようかということ。仙台で生活をしていた頃は、車は必需品でしたが、東京では本当に必要なのかを考え、最終的には車を手放すことに決めました。

 

私が、車を手放すことにした理由は大きく2つあります。

 

まず1つ目が、都内は地方に比べて車の維持費が格段に高いこと。転勤をする前にいろいろと調べてみたのですが、最も大きな違いは駐車場代でした。仙台では月額の駐車料金が月額1万円だったのに対して、東京では月額3万5千円でした。年間に換算してみると、30万円の上乗せになります。

 

ガソリン代も地方に比べると割高ですし、都内の交通の便を考えると車は必要ないという結論に達しました。今では、必要な時だけレンタカーを借りて、都内は全て電車とバスで移動しています。

 

正直、長年連れ添った愛車とお別れをするのは残念で仕方がありませんでしたが、私の場合は、車買取専門業者・ガリバーで査定をして貰い、その車売却額を引っ越し費用に充てることが出来たので、余裕を持った状態で新生活をスタートすることが出来ました。

 

ガリバー・アップル・ラビット・カーセブンなどの主要な買取業者から査定見積りを取って、1番高く買い取ってくれる会社に売却を決めました。あとは、ネットでガリバー評判を調べて、間違いないと判断したうえで決めました。

 

査定額も、1番高い会社と1番安い会社で30万円以上の差がありましたので、売却する際もしっかりと比較することをおすすめします。最近では、インターネットを利用すれば、自宅にいながらにして、大手自動車買取業者から一括で見積もりが取れる便利なサービスもあります。

 

車の維持費に関しては、人それぞれ価値観が異なりますので一概には言えませんが、私の場合、仕事で都内に引っ越してきたタイミングで車を手放した訳ですが、特に不便を感じることはありませんでした。

 

むしろ、今まで車に掛けていた費用を、丸々貯金や生活費に廻すことも出来るようになったので、金銭的にも余裕が出来ました。皆さんも、実際に自分の車に掛かっている維持費をもう一度見直して、今の自分に本当に車が必要かどうかを検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連サイト

現在、最も女性に人気のある資格は「医療事務」です。資格は世の相を映す鏡でもあり、社会の変化の中でニーズが拡大しているものから、ブームによって生まれた資格まで、その背景は様々です。また、その種類も仕事に直結する資格から生活を豊かにする趣味の資格まで幅広いのです。

 

例えば、「医療事務資格」は、高齢化社会の拡大によってニーズが高まった、仕事に直結する実用的な資格の1つです。他にも、高齢化社会と言われる中で、多くの人のニーズを反映しているのが「介護系の資格」です。

 

どちらも専門家を目指す人のための資格ですが、復職がしやすかったり、引越などで住む場所や職場が変わっても通用するスキルのため、女性に人気のある資格です。

 

一方、「日本酒検定」のように日本の伝統食文化であるお酒を楽しむために生まれた趣味の資格も存在します。資格取得には、お金も時間も掛かります。転職やキャリアアップを目指すのか、趣味を極めたいのか、あなたにとってどんな資格がふさわしいかよく考えて資格を取得することをおすすめします。