車 売却 注意

車を売却する際に注意をすべき点

ついに、愛車に、さよなら。オーナーにとって、車の売却には、一種の感慨が伴うもの。とはいえ、相手の業者にとって、車の買い取りは、純然たるビジネス。売却するこちら側としても、少なくない金額が動く「法的手続き」ですから、それなりの注意と心構えが必要です。

 

まず、必要書類から説明していきたいと思います。車内への携行が義務づけられている車検証や、自賠責保険の保険証をはじめとした必要書類は万全ですか?

 

1.車検証…まさかの紛失については、運輸支局で再発行の手続きをしましょう。(引っ越しの際、住所移転の手続きをしていなかった場合、住民票が必要)

 

2.自動車損害賠償責任保険証明書…強制加入保険。紛失の場合、損保会社で再発行してもらいましょう。※手数料必要

 

3.自動車税納税証明書…名義変更前まではオーナー負担。

 

4.印鑑登録証明書…発行から3カ月以内。

 

5.譲渡証明書…新所有者への譲渡を証明する書類。実印を押印する。

 

6.実印…5と7に必須。

 

7・委任状…売却する車の名義変更手続きを、業者に依頼する際に必要。書類は、業者が準備するのが一般的。

 

7.リサイクル券…リサイクル料金を支払い済みの場合、一部がオーナーに返金される。

 

これらのほか、引っ越しの際に変更手続きをしなかったため、車検証や印鑑登録証明書の住所が異なっているときには、現住所の住民票も必要です。書類の紛失や汚損の場合は、すぐに再発行手続きを。

 

さらに、契約書は、車の売却に伴うすべての約束事を決める書類ですから、いったん実印を押印してしまうと、後でこちらに都合の悪い項目が記載されていても、変更することができません。

 

契約書の内容や特約事項について、万が一こちらが解約する際の違約金の内容など、不明点は、担当者に納得がいくまでたずねて確認し、内容を把握しておく必要もあります。

 

また、買い取り代金や契約に気をとられて意識が届かないのが、愛用のサングラスやCDなど、車内に置き忘れた私物です。そのままにしておくと、処分されることもありますので、忘れ物がないか、必ず確認してから契約をするようにしましょう。