ガソリン代 節約

ガソリン代を節約するための運転法

ガソリンの値段は、年々高騰しています。車を所有するためには、様々な維持費が掛かりますが、その1つがガソリン代であり、家計を圧迫してしまうことも否めません。そんな時代だからこそ、燃費に気遣った運転を意識したいものです。

 

燃費を左右するのは、エンジンのコントロール、つまりアクセルペダルの踏み方になります。このアクセルの踏み方を気を付けるだけで燃費が約2割改善すると言われています。

 

自動車にも様々なタイプのモデルがありますが、最近では電子スロットルという装置がモーターをコンピュータで制御して、運転の条件に合わせた最良のコントロールをすることで、運転条件に合わせた最良のコントロールをしてくれます。

 

アクセルペダルを素早く踏み込めば、車は急加速しますが、この時ガソリンが最大限に噴射され空気も大量に入ります。燃料をたくさん使用する訳ですから、燃費は悪くなるのは当然です。

 

必要以上にアクセルを踏み込んでいる人が多いのが現状になりますので、まずは、アクセルペダルを急激に踏み込むのではなく、ゆっくりと踏み込んで発進する癖をつけるように気をつけましょう。

 

ポイントは、加速したと思ったら少しアクセルを戻すことです。ここでアクセルペダルを完全に戻さないように注意が必要です。ほんの少しだけ、アクセルペダルに足を乗せる程度で踏んでいるのが良いでしょう。

 

そうすることによって完全なエンジンブレーキにはならずに、完全に戻した状態よりもエンジンの抵抗が少なくなりますので燃費が良くなります。これは街中を運転する際も、燃費を良くする走り方になりますので、ぜひ心掛けてみて下さい。

 

また、通常のエンジンを搭載した車ではなく、エンジンの排気量が小さいままで倍の排気量並みの出力を得られる車も存在します。軽自動車のターボモデル等がこれにあたります。

 

このようなターボがエンジンに取り付けられた車は、特にアクセルの踏み方によって燃費が大きく変わってきます。発進時ににはしっかりとアクセルペダルを踏むことで燃料を多めにエンジンに送り込み、一気に出力を高めることが燃費の良い走りに繋がります。

 

ターボ車では、アクセルペダルの踏み込みが弱いと、充分にそのターボ特性を活かすことができずに、逆にパワーをロスしてしまいますから注意が必要です。

 

その後は、先程と同様に、アクセルを完全に戻すのではなく、足をアクセルペダルに軽く載せるような感じで運転をすると燃費効率をアップさせることができます。エンジンをの効率の良い部分を活かして使用することで、車の走行性能と低燃費を両立できるでしょう。

 

このようなアクセル操作の習慣を心掛けることは地味ではありますが、日々の運転の中で気をつけることで、1ヶ月、1年単位で車の維持費であるガソリン代を大きく節約することができるのです。