車 売却 タイミング

車を売却するタイミングはいつが良い?

車を売却しようと考えておられる方の中には、そのタイミングが分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

一体いつ売るのがベストなのか、走行距離などは関係あるのか等、考えれば考えるほど疑問でもあります。

 

ここでは、車を売却するタイミングはいつが良いのかという事について、ご紹介していこうと思います。

 

車を売却するタイミングはいつ?

車を売却するタイミングに関しては、様々な面から考えることが出来ます。

 

そこで、車のタイプや走行距離など、以下それぞれの面から売却のタイミングを見てみようと思います。

 

走行距離は?

車を売却するタイミングとして、まずは走行距離を見てみたいと思います。

 

走行距離は、少なければ少ないほど良いとされています。それは買い取る側から考えても理解できるのではないでしょうか。やはり新しい状態に近い方がいいと判断されます。

 

一般的に、査定額が安くなってしまう走行距離は、8万キロ以上だと言われています。

 

実際に、私の知り合いの場合も8万キロ以下を目安に売却するようにしていると聞きました。

 

昔は10万キロ以上走った車は査定額が安くなるという傾向にありました。

 

その名残からか、今もところによっては10万キロ以上の走行距離となっている車の査定額が下がるところもあります。

 

とはいえ、現在の車は10万キロ以上走ったところで壊れるわけではありませんし、まだまだ丈夫なものです。

 

ですので、10万キロ以上走ったからといって必ず査定額が下がるということではありません。あくまでも、目安程度としてくださいね。

 

モデルチェンジは?

新型車が売り出されると、古くなった車を売る方が多くなってしまいます。

 

そのため、中古車が出回ってしまうことになり、有り余ってしまうような状態になるのです。

 

そうなると、やはり査定額は安くなってしまいますので、モデルチェンジの前が売却のタイミングと言えます。

 

とはいえ、いつモデルチェンジがあるのかを誰よりも早く知るのは難しいものがあります。

 

そこで、ネットや雑誌などで、モデルチェンジの情報を入手し、傾向を探るという方法があります。規則があるものではありませんので、自分で傾向を掴むようにすることが大切です。

 

車のタイプは?

車のタイプによっては、売却するいいタイミングがあります。

 

例えば、4WDなどであれば、秋〜冬にかけて査定額が上がりやすくなります。

 

これは、スキーなどに出かける人が多くなるために、業者としても販売しやすくなるためなのです。

 

オープンカーであれば春〜夏にかけてがおすすめですし、コンパクトカーなどは冬〜春にかけてがおすすめです。

 

それぞれのタイプによって、売却の良いタイミングが異なります。

 

その車のタイプが一番求められることになる時期の少し前に売却すると、査定額が上がりやすくなります。